サービス業ならば押さえておきたい!接遇マナーの基礎と応用

業務に役立つ接遇マナーを覚えさせるには

サービス業として顧客に良い印象を持ってもらうには、常に正しい接遇マナーを心がけることがとても大切です。例えば、顧客とのあいさつやコミュニケーションの取り方、営業トークなどは業務をてきぱきとこなすために重要なスキルとして位置づけられています。そうした中、社員研修を通じて接遇マナーの基礎から応用まで一人ひとりの社員に習得させるうえで、無理のない研修のプログラムを作ったり、適切なテーマを設定したりすることが大事です。最近では、アナウンサーや企業の受付、キャビンアテンダントなどの業務経験が豊富な講師による社員研修を実施している企業の数が増えています。そこで、社員の人数や能力などを考慮しながら条件に合う講師を探してみると良いでしょう。

グループワークを中心とした研修もおすすめ

サービス業に特化した社員研修を導入するうえで、座学やインターネット学習ばかりでなく、ディスカッションなどグループワークを中心とした研修のメリットを調べることがおすすめです。特に、実務に即した知識や技術を身につけることができる社員研修については、現場で働いている社員にとって今後の仕事に大いに役立つというメリットがあります。人材育成に力を注いでいる大手の企業の中には、営業や総務などの実務経験者を研修の講師として採用したり、外部のキャリアコンサルタントに相談をして研修の計画を立てたりするところも少なくありません。そこで、意義のある研修にするため、経営者や人事担当者が協力して、様々なサービス業の研修の事例に目を通しておくことがポイントです。

© Copyright Hold Employee Training. All Rights Reserved.