技術は日進月歩!製造業は基礎と応用プラス最新技術を学ぼう

社内研修では何をやるべき

技術者の研修としては、何をすれば良いのでしょうか。技術者もその技術要素によって専門性が異なってきます。あらゆる技術職を有している会社であると、社内研修の場合は物作りに対するモチベーションの維持と、物作りに対する喜びなどを教えるべきです。 また、設計作業は納期がとても大切。納期厳守について徹底的に教え込むことも大切です。さらに、物作りにおいてはチームワークがとても重要。例えば、ハードウェア設計者とソフトウェア設計者の連携が重要なように、関連部署との円滑な意思疎通を図るためのコミュニケーション能力を培うことも大切です。他には、最後までやり遂げる根気と集中力をつけさせることも大切になってくるでしょう。

積極的に社外研修を取り込む

タイトルにもあるように、技術は日進月歩です。この新しい技術についていくためには、社内研修では限界があります。設計者が使用するツールなどをしっかりと使いこなせるようになるために、社外のセミナーなどを受けると良いでしょう。

一般的に技術者が使用するツールを開発している企業がセミナーや研修会を開いていることが多いです。そういった企業も、自分の会社のツールを使用してほしいため、無料でセミナーを開催していることが多いです。

社外のセミナーに参加することで、業界最先端の技術を身につけることができます。新たなツールを他社に先駆けて使いこなせるようにすることで、会社全体のスキルアップを実現でき良い物作りができるようになるでしょう。

© Copyright Hold Employee Training. All Rights Reserved.