基本の「き」を身に着ける、見直す!新入社員研修

会社内のルールや正しいビジネスマナーを覚えさせよう

新入社員の研修を満足のいくものにするために、研修期間を長めに設定して、基本的な事項からしっかりと身につけさせることが大切です。特に、会社内のルールや正しいビジネスマナーについては、仕事を続けるうえで重要なポイントとなるため、研修を通じて分かりやすく指導をする必要があります。最近では、社内の先輩社員に新人社員研修を任せたり、外部の研修会社に委託をしたりする企業が多くありますが、新入社員の人数や職種などに応じて、ベストな研修の方法を選択することが大事です。また、名刺交換や電話対応、パソコン操作などの実務にそのまま役立つスキルについては、研修中だけでなく日々の業務の中で上司や先輩による指導を行うと良いでしょう。

プレゼンやコミュニケーションスキルの向上ができる研修も有効

新入社員を対象とした研修のテーマの決め方に悩んでいる人事担当者は決して少なくありませんが、講師による一本的な研修にならないようにするため、適度にグループ活動を取り入れることが有効です。特に、プレゼンや対人コミュニケーションの能力は、新入社員の時代だけでなく、将来的に管理職を目指すうえで役立つことがあるため、積極的にテーマに採用すると良いでしょう。最近では、新入社員研修の際にディスカッション形式で研修を進めたり、映像教材を使ったりする企業の数も増えています。そこで、職種や個々の社員の能力に応じて研修を導入するにあたり、日ごろから様々な業種の企業で行われている研修の特徴に目を向けることも大切です。

© Copyright Hold Employee Training. All Rights Reserved.