そのセールストークで大丈夫?営業職はトークを磨こう!

トーク力を鍛えることができる研修を実施するには

営業職は、会社の商品やサービスを売り込むうえで大切な職種のひとつですが、一人ひとりの社員が業務をこなすうえで、定期的にセールストークの力を鍛えることができる研修を実施することが重要です。特に、プレゼンテーションや接遇マナー、クレーム対応などのスキルを身につけるには、ある程度の期間が必要となるため、人事担当者と各部署の責任者が協力して研修の計画を立てることがポイントです。また、集合研修ばかりでなく、職場内で先輩社員によるフォローを行ったり、eラーニングなどの通信教材の利用を検討するのも良いでしょう。なお、営業職のトーク力には元々の性格や業務経験などによって大きな個人差があるため、必要に応じて個別に教育を行うことも大事です。

営業職を対象とした外部のセミナーも活用しよう

将来につながる営業職のスキルを一人ひとりの社員に習得させるには、自社内では対応できないことも少なくありません。そこで、教育コストに余裕がある場合には、社員研修だけでなく、数か月おきに外部のセミナーに参加をさせるという方法を選ぶことも大事です。例えば、ディスカッションやケーススタディ、ロールプレイングなど実践的な内容の営業に関するスキルを学べるセミナーは、多くの営業担当者にとって絶好のチャンスとして捉えられることがあります。最近では、営業職の経験年数に応じて、きめ細やかなカリキュラムが組まれているセミナーが多くあるため、日頃から人事担当者が率先して利用価値の高いセミナーの特徴を確認しておくことも重要です。

© Copyright Hold Employee Training. All Rights Reserved.